バーの中心でカクプリへの愛を叫ぶ

オタ女のつれづれ。

今年の5月24日にサービス終了のお知らせがあり、少し経ちますが、
折角なのでカクプリのことについて、思い出やらなんやら、書きたいと思います。

 

スポンサーリンク

カクプリとは

御存知無い方もいらっしゃると思うので概要を少しお話します。

「カクテル王子」はギークス株式会社より2017年7月にリリースされたゲームアプリです。「カクプリ」の愛称で親しまれています。

カクテル(お酒)の擬人化コンテンツであり、テーマソングのリリース、コミカライズ、バーとのコラボレーションなどあらゆる展開がなされました。しかし惜しくも先月突然お知らせがあり、リリース1年をもってサービスが終了することとなりました。

 

カクプリとの出会い

中の人がカクプリに始めて出会ったのは、昨年11月のAGFでした。

(※AGFとはアニメイトガールズフェスティバルの略、池袋で毎年開催されている乙女の祭典です)
通路に設置されたバーカウンターみたいなところに、ずらっと31体のみんなのパネルが並んでたんですよ。(これ☟☟)

当時はカクプリのカの字も知りませんでしたが、なかなか目を惹く壮観な光景でした。
酒好きなもんでカクテルの種類もちゃんと知りたいなーと前々から思ってたし、スマホに入れてるソシャゲも1年程続けて落ち着いた所だったで、興味本位で始めました。

 

アプリのこと

ストーリーとしては、絶賛ニート中の主人公ちゃんが急遽祖父のバーを継ぐことになり、そこで働く店員のお兄さんズ(カクテルの擬人化です)と力を合わせて頑張って行くよ!・・・みたいな流れです。乙女ゲームよりかはメインストーリーは割とシリアス&スポ魂、当時は心で汗かきながらストーリー進めてました。だってニートが突然30人余りの従業員を束ねる経営者になるんですよ。しかも夜のお仕事の。いくらイケメンに囲まれていたとしても自分なら一日で音を上げそうです。

ミニゲームはタイミングに合わせてキャラとバチンッ☆とオーダーを合わせる
もので(説明が難しすぎる)結果に応じて親愛度や売上金を貯まって行きます。

余談ですがイベントになるとカクテルやらぬいぐるみやらのブロックをタップでバンバン消してくミニゲームが追加されるんですけど、それが楽しいんですよ。ノリノリフィーバーなBGMに加え、タップするだけで愛しいキャラがさすがだのすごいだのベタ褒めしてくれるせいで、イベント期間は毎日毎晩パーリナイしてました。

豊富なアイテムで自分なりのバーをカスタマイズできることもポイントでした。自分は主人公に似てズボラだったためカウンターと椅子しかない無印良品の展示コーナーみたいなバーでしたが、視察で遊びに行かせていただいた他の方のバーは凝っているものが多く、見ていてとても楽しかったです。

 

サービス終了

事前登録されていた方などと比べると大分後発になりますが、アプリ内イベントやらコラボショップやら、短い期間の中で沢山楽しませていただきました。
本当にキャラクターの一人一人が魅力的で優しくてあたたかくて、あの屋敷で暮らしたいなあと何度思ったか分かりません。彼らが終わってしまう、もうアプリで会えなくなってしまう、と考えると本当に胸が締め付けられそうです。
また、リリースから1年、認知度も高まってきた中でもっと彼らの色んな姿を見たかったな、という思いでもいっぱいです。もっと彼らの歌う声を聞きたかったし、飲料メーカー等との商品コラボや、アニメで皆がわちゃわちゃする未来も妄想してました。

終了まで残りわずかとなりましたが、最後まで目一杯楽しませていただくと同時に、サービス終了後もたくさんキャラクターの皆が残してくれたものを、大切にしながら過ごしたいと思います。

ありがとうカクプリ。みんなと過ごした日々は、バーは、私の大切な宝物です。

カクテル王子公式アートブック

価格:2,268円
(2018/6/24 08:32時点)
感想(0件)

☝カクプリが唯一出している公式本です。

 

カクプリに関する記事はこちら☟
https://mtrktnh.net/entry/category/%E3%82%AA%E3%82%BF%E5%A5%B3%E3%81%AE%E3%81%A4%E3%82%8C%E3%81%A5%E3%82%8C%E3%80%82/%E3%82%AB%E3%82%AF%E3%83%86%E3%83%AB%E7%8E%8B%E5%AD%90

タイトルとURLをコピーしました