ヒプマイ・オードトワレの感想を淡々と語る【全種類ではない】

オタ女のつれづれ。

2018年にアニメイトガールズフェスティバル(AGF)で発売されて以降、ヒプマイのグッズ界隈では抜群の話題性を誇っていたヒプノシスマイクのオードトワレ

第1弾がAGF、第2弾がHYPSTER(会員限定)と、普通のお店ではなかなか手に入れる機会がないのも特徴なのですが…ちまちまちまちまと買い集めてはhshsと香りを楽しんできました。

今回はそんなヒプマイのオードトワレの香りを(独断と偏見で)ご紹介します。

なかなか購入する前に香りを試す機会がないこともあり…少しでも参考になれば幸いです❀

 

 

スポンサーリンク

ヒプマイのオードトワレとは?

 

前述したように、ヒプノシスマイクのオードトワレは2018年から2021年にかけて限定発売されている商品です。ディビジョンではなく各メンバーごとに種類が分かれているという沼の深さ。

 

第一段が発売されたのは2018年のAGFです。

イケブクロ、シブヤ、ヨコハマ、シンジュクの4ディビジョンごとのセット商品として、オシャレな箱の中に(各メンバーの)約7mlのミニサイズのフレグランスが3本入っている形でした。

 

フレグランスはロールオンタイプになっていて、持ち歩きにも便利な仕様になっています。

 

ディビジョン毎のカラーリングもとても素敵ですよね! ヨコハマとか色味が強めですが、(揮発するので?)肌につけても色が残ることはありません。

 

こちらの商品が引き継がれて、2020年にはヒプマイのファンクラブ『HYPSTER』にて、50mlのボトル商品が発売されることがアナウンスされました。こちらはまさしく香水瓶のプッシュタイプ。

既に発売されていた4ディビは同じ香りで、そこにオオサカとナゴヤの全6種が新たに加わった感じですね。

 

こちらの商品の販売もHYPSTER限定で行われ、現在も店頭で購入することはできません。

通販サイトを覗いてみるとAGFの商品を含めちらほら販売されているようですが……お値段は概ね高めに設定されています。

 

ヒプマイ・オードトワレの香り感想(※個人の意見です)

そんなヒプマイオードトワレ、別ジャンルの商品はたまにアニメイトやそのほかアニメショップにテスターが置いてあったりするのですが、こちらに関しては購入するまでに香りを試す機会がなく(>_<) 買って初めてわ~!こんな香りなんだ!!と試すしかないのですが、せっかくなのでこれまで体験することのできた香りの感想を主観をがっつり交えてご紹介したいと思います。

なかなか貧相なボキャブラリーで伝えるのが難しいのですが……今後購入される機会があった際の参考になれば嬉しいです!

 

【イケブクロ】山田一郎:等身大の魂を感じる情熱の香り

 

男らしさ:★★★★★
甘さ(安心できる優しさ):★★★★☆
普段使いしやすさ:★★☆☆☆

 

AGFでの第一弾から販売されていた一郎のオードトワレ。

Twitterなどで(感想として)散見されていたキーワードは『The!男の香水/バニラ系/最高』などなど……。

一郎のイメージってなんとなく万国共通で(?)確立されているものがあるので、解釈違いは起こらないだろうな~などと思いつつ、香りを試してみました。

 

……試してみて、一言。

 

(ン”ッ……いい匂い……)

 

香り始めはガツンと来るようなスパイシーさ。そしてラストにかけてバニラをベースとしたようなオリエンタルな香りが余韻を残します。かといって甘さがとても強い訳ではなく。トップからラストにかけて(一貫して)香る、ある意味筋が通ったようなスパイシーさが一郎の『男らしさ』を際立たせているような感じがしました。バニラ系強めな香りが苦手なそこのお兄さんお姉さんもきっと大丈夫!

 

個人的にちょっと面白かったのが、これをTDD時代の一郎が付けてるのはいまいちイメージが湧かなかった点(もちろん個人の感想です!)。

不良時代、MCDやTDD時代を経て、自分が進むべき道を迷わずまっすぐに進む『今』の一郎のイメージがよく表れているなぁなどと感じてしまいました。

 

女性が付けるには少しスパイシーではありますが、あえて辛めのコーデで合わせる時に良いかもしれませんね。あとは(後述の一二三もそうなんですが)一郎モチーフの香りというより本人をそのまま体現したような香りなので、身体に付ける以外にも楽しみ方は無限大だと思います。例えばリビングとか玄関にしゅっしゅして萬屋にお仕事を依頼したテイにするとかね。この香り纏って池袋の朝とか歩いてみたいものです…オハブクロ…。

 

一郎推しの皆様のみならず、単純に興味として一郎の香りが気になっている方の期待を裏切らない一本だと思いました!🔥

 

【イケブクロ】山田二郎:太陽の下に輝く、たくさんの可能性を秘めた青春の香り

爽やかさ:★★★★★
甘さ:★★★☆☆
普段使いしやすさ:★★★★★

 

お次はバスブロのミドルブラザー、じろちゃんの香水。
じろちゃんも感想をいくつか拝見したことがありまして、シー○リーズとか爽やかとかってワードをたくさんお見かけしていたので香りのイメージはなんとなく想像できるものがありました。そして実際に試してみた感想もその通りだった。さすがじろちゃん…期待を裏切りません。

HYPSTERの紹介でも『フルーティーな甘み』とある通り、トップにはリンゴ🍎やプラム?などを彷彿とさせる甘めの果物の香りが印象的。爽やかは爽やかなんですけど、柑橘系とはまたちょっと違う感じですね。ビターさみたいなものは感じられませんでした。

そしてお兄ちゃん(一郎)のオードトワレとはまた違う爽やかな甘さは、青春&成長過程真っただ中のじろちゃんを表しているようで(色んな意味で)ドキッとします。学校の廊下ですれ違った時とか、部活終わりとかにこんな香りがふわっと漂って来たらヤバいな……(夢女思考)

その他の項目でも触れてますがキャラによっては(そのキャラを体現するあまり)普段使いにはちょっと……というものも正直あったのですが、こちらに関しては女性が付けても、また普段使いでも全然気にならないと思います。前述したようにベースの香りがフルーツ系なので、強めの香水の香りが苦手という方にもオススメできそうです。ぜひ!(?)

 

 

 

【ヨコハマ】碧棺左馬刻:ただひたすらにエモい潮風の香り

 

爽やかさ:★★★★☆
エモさ:★★★★★
普段使いしやすさ:★★★☆☆

 

ハマの王様こと、左馬刻様の香水。

HYPSTERではばっちり『ムスク系の色気を感じる香り』と称されていますが、(もちろんそれはそうなんですが)爽やかさ(甘くなさ)で言えば、ヨコハマの中では左馬刻が一番すっきりしてた印象でした。奥の方でほんのり香っているのはココナッツみたいな…これが色気の正体? そして思い浮かぶのは日中は碧く広く、そして夜はネオンの光を映すハマ(ミナトミライ)の海。

一方そこまで甘くないからと言って、本人のバチバチなスパイシーさを表しているわけでもなく。

さらりと吹き抜けて行く潮風のような香りはなぜか忘れかけてしまったような懐かしさや彼の様々な過去を表しているようで、なんとなく泣きたくなるような香りでした。

彼が普段人前(人の上?)に立つ時に見せる姿とはまた異なる本質というか、プライベートを表した香りというか……。一日を終えて家に帰ってきた時に香ってきそうな香り。色々考えたらしんどくなってきた。推しの皆様はぜひハマッてください。

 

【ヨコハマ】入間銃兎:不器用なまでにまっすぐな信念と、紛うことなき清廉さ

 

甘さ:★★★★☆
清らかさ:★★★★☆
普段使いしやすさ:★★★★★

 

ハイ次銃兎!ヒョォ!

甘さは強めですが、バニラみたいな甘ったるい感じではなく。

第一弾から「入間巡査部長からこんな香りがしたら死ぬ」と呼吸困難になっている方をたくさん見て来ましたが、まぁ確かに死んじゃいますよね……。

嗅いだ瞬間、ファーストアタックでガツンと来る印象はまぶしいくらいの「白さ」と「清廉さ」

香りからイメージする『清らかさ』というと彼のアングラさとは少し異なるような気がしますが、常に(というか人から見られている部分に関しては)清潔感のある佇まいを決して崩さない彼の(ある意味やや神経質な)スタイルや、その背景にあるひたすらに愚直でまっすぐな(警官としての)信念を思えば納得できます。

 

香りはそこまで強くないので、普段使いしやすいと思います。特に女性!
朝、出勤するときはオードトワレだけの清廉な香り。
夜はこの香りに一日の疲れと煙草の匂いが混じってて……とか想像したら泣いちゃうね。

左馬刻同様、推しの皆さんはぜひしょっぴかれてくださいませ…。🚨

 

【ヨコハマ】毒島メイソン理鶯:森林と深い海、そして抑えきれない色気

 

色気(?):★★★★★
男性らしさ:★★★★☆
普段使いしやすさ:★★★★★

 

海。とにかく海。瞳を閉じると穏やかなさざ波の音が聞こえてきます。

とは言え左馬刻の香りとはまた違い、左馬刻が「海岸」なら、理鶯は「深い海の中」って感じがします。深い沼じゃない。

……と個人的には思ったんですが、HYPSTERに「ウッディ系の香り」と書いてあって、なるほど~~!とも思いました。森林に海。そんなん理鶯しかいないやんという(?)

 

あとこれも大事なんですが、MTC三人の中では一番男性らしい(男性が付けてそうな)香りでもあったかな。

スパイシーさとはまた違うのですが(むしろ甘い)、なんというかゴテゴテ飾り立ててあえて作り出したようなものではなく、自然と滲み出る色気をめちゃくちゃ感じます。いや下心じゃなくて!!

ヒプマイフレグランスの定義を「キャラをイメージしたもの」とするなら、理鶯のはもはや本人が付けていてもおかしくないレベル。自然派の彼が(ちょっと嫌々)香水付けている場面を想像したらそれで一記事書けそうなのでやめておきます

理鶯推しの方は枕にシュッシュして寝るとそれはそれは良い夢が見れるでしょう。

 

 

 

【シンジュク】神宮寺寂雷:優しさと美しさの中に見せる一抹の不安

 

清らかさ:★★★★★
ミステリアスさ:★★★★☆
普段使いしやすさ:★★★★☆

 

先生もとい麻天狼の皆さんの香水は第一弾から発売されていたのでレビューを見かける機会も多かったのですが、その時大体目にしていたのは「清楚」そして「高貴」といったワード。

まんま先生やん……と思って見てたんですが、実際その通りでした。

ただ、一つ個人的な意見としてどうしても加えたいのが「少しだけ感じた不安」です。

香水の用語で言うとミドルからラストにかけて、かな? 別に香りが強くなる訳ではないので「優しい」と表現されている方もいて全くその通りだとも思うんですが……「儚い」というような、なぜか少しだけ、不安定な感覚を覚えました。

これ結構個人的には衝撃で……香水シュッってやった最初はワーイ先生の香りだ~~! とはしゃいでいたので、ラストにかけての(少しだけ垣間見えた)先生の一面に少しドキッとさせられました。マジです。

 

そんな感じで、清楚でミステリアス、ちょっと心配になる感じの先生のオードトワレ。本人が付けていても全く違和感ありませんし、本人の印象をよく表しているな……と感じた一本です。

 

【シンジュク】伊弉冉一二三:期待を裏切らない華やかな輝き

 

華やかさ:★★★★★
夜のお似合い度:★★★★★
普段使いしやすさ:★★☆☆☆

 

一二三推しのお姉さんお兄さん。安心してください。そこに一二三がいます。

個人的には男性寄りに感じましたが、レビューを見てみると「キツめの女の香水!」とおっしゃっている方もいらっしゃいましたね!

いずれにしてもとにかく華やかな香りなので、ある意味ユニセックスで使えるのかもしれません。

こんなに説明するのが楽なオードトワレも珍しいのですが(?)、シンジュクの夜、繁華街のネオンやホストクラブの光にキラキラと輝く一二三をそのまま体現してます。

その分普段使いするには少し勇気が要りそうな感じではありますが……これはあくまで『一二三の香水』として楽しんでいただくのが良いかと…! ちょっとおしゃれして(オードトワレ付けて)街歩けば一二三の同伴してる気分になるし、ベッドにしゅっしゅしたらアフターしてる気分になっちゃうね。はいすみません。

 

シンジュクナンバーワンホストの名前通り、期待を裏切らない香りでした。

 

【シンジュク】観音坂独歩:さりげない中に魅せる秘めた力

 

ファーストアタックの良さ:★★★★★
個性の強さ:★☆☆☆☆
普段使いしやすさ:★★★★★

 

……なんか捉え方によっては辛口なレビューになってしまいそうだけど、香りを試した印象は上記の感じでした。ちゃんと褒めてます。

まずシンジュクの四人は商品のカラーがうっすらとしたグレーなのですごく香水らしいというか、おしゃれなのがいいですよね。

そしてそれぞれのメンバー(の香水)に名前が付けられているんですが、独歩のオードトワレの名称は『transparent force』
直訳すると、『透き通った力』といったところでしょうか。

確かに色々試した中では一番香りが薄いというか、印象に残りにくいというか、さりげない感じ。香水のネーミングにある「透明感」にも納得できます。

もちろん香りは強くないですし、全く主張しない香りなので、普段使いとか仕事ではめちゃくちゃ使えると思います。推奨するつもりでは全くありませんが学校に付けて行ってもばれないと思う。多分。

そして香りから想像するイメージとしてはまんま独歩だなと……。
相手の印象に残りたくない、(自らの存在を)主張したくないっていう独歩をまさに表現しているようではあるのですが、その一方で(恐らく彼の意図しないところで)じわじわと滲み出る秘めた強い力や意思を表しているようにも感じられました。

女性でも全然大丈夫な香りですが、でもちょっと男性的に感じられる部分が罪深い。
そんな独歩のオードトワレでした。

 

 

 

【オオサカ】白膠木簓:オオサカの頂点を体現する、掴みどころのない(読めない)香り

和服に合う度:★★★★★
本人らしさ:★★★★☆
普段使いしやすさ:★★☆☆☆

 

オオサカ、いいところですよね。たくさんの文化が入り乱れて入り混じりながら、それでもちゃんと共生していて、街を歩けば長い歴史を感じさせる建造物に出会うこともできる……自分は関東弁なのでじゃんとか寒いわと言われてしまいそうですが、個人的には何度でも訪れたい場所です。

どうして急にそんな話になったかと言うと、簓の香りで頭に浮かんだのがオオサカの景色だったから!!!!!(?)

真面目にレポートすると、簓の香りは「純和風/お香っぽい/これでもかという本人らしさ」です。

純和風とお香っぽさは、なんとなくイメージしやすいかもしれません。シナモンとか伽羅とか、そういうスパイス系の香り。エキゾチック…と言われるとまぁそうなんですが、個人的にはお香っぽい。とにかく和装にはめちゃくちゃ合う香りだと思います。

そしてここまで話せばぴんと来る方もいらっしゃるかもしれませんが、個人的には正直好みの分かれやすい香りかなとも思いました。なので普段使いのしやすさに関しては他の香りと比べるとちょっと低めかもしれません。

ただ、本人のイメージはめちゃくちゃ表していると思います。SNSで「これに煙草と汗の匂いとか混じってそう」とおっしゃっている方がいて最の高と思いましたが、この人を翻弄させるというか、読めない感じは完全に簓の香りだなと……。逆にここまで複雑な香りで「あこれ簓の香りだ」てさせるの凄すぎません??? ここからは完全に主観ですが、単純なようで全く単純じゃないというか、そもそも論としてこれまでに見てきたものや感じたもの、経験値や場数、そういったものが圧倒的に違うと言うか……とにかく、簓の(オオサカを代表するMCグループのリーダーとしての)圧倒的な強さとカリスマ性を表しているように感じました。ちょっと言い過ぎかもしれませんが……。

 

ということでだいぶ支離滅裂なレポートになってしまい恐縮ですが、簓のオードトワレの感想でした🎋

 

【オオサカ】天谷奴零:その裏にあるものを一切感じさせない優しさと甘さ

 

香りの意外さ:★★★★★
優しさ:★★★★☆
普段使いしやすさ:★★★☆☆

 

これ個人的な意見だったら申し訳ないんですが、零さんの香りとか言われたらもうまさにワルいオトコ!!!!!な香りを想像するじゃないですか。

私自身普段強めの香水は付けないので(SAVONとかの香りが好きです)キツめの香水はあっても使わないんだよな~と思っていたんですが……

HYPSTERの紹介文にあった「ハニーとジャスミンの掛け合わせ」が気になりすぎて買ってしまいました。だって(ハニーはまだわかるけど)ジャスミンですよ??? セクシーさって言われたらなんとなくわかるけど悪いおじさまとは違くない???

 

ということでさっそくしゅっしゅしてみました。そして訪れる衝撃。

これ○ーさんのハニーハントや。

推しの皆さんすみません……でも本当にそう思っちゃったんです……というくらいハニーの印象がかなり強かったです。ちなみに蜂蜜の香りの香水って個人的にあんまり聞いたことないんですが、好きな方は割と好きだと思います。バニラのむせ返る甘さとはまた違う、だけどあまいあまーい感じ。

そんなこんなでトップはハニーなのですが、その後に訪れるのは大人っぽいというか、ほろ苦くも優しい香り。え???ワルいオトコどこ行った???

 

もちろん「これこそ詐欺師の零さんだ!!!」とおっしゃる方もいると思うのですが、個人的には完全に優しいパパな一面が思い浮かんでしまいました…まさか過ぎる。

 

……とは言え思ったんですよ。

とにかく優しい香りであるとは言え、きっとこの優しさに騙されてはいけないのだと。

その優しさの裏にある思惑にピンと来ないと、私たちは気付けば壺を買わされてしまっているのだろう……。

 

ということで、数あるオードトワレの中で一番びっくりした香りでした。

 

 

 

【ナゴヤ】四十物十四:数多のファンを惹き付ける魅惑の香り

 

セクシー度:★★★★☆
女性の付けやすさ:★★★★★
普段使いしやすさ:★★★☆☆

 

ヒプマイメンバーの中では、なかなかの女子力の高さを持っている十四。
さっそくの感想なのですが。正直ここまで甘いとは思いませんでした……。
前述した一郎や銃兎みたいに甘めの香りのオードトワレは確かにあったんですが、それらと比べても甘さのベクトルが違う。この甘さは女子だ。と言うか女子でもここまで甘い香りの香水ってつけないんじゃないか……?とつい思ってしまうくらい。

とは言え、ベリー系とかコットンキャンディー系?とはちょっと違う感じ。セクシー度に★4付けてるんですが、そんな感じです(?) SNSでデパコスの香水っぽいっておっしゃっている方がいて、確かにと思ってました。香りもなかなか強めなので、女性向けブランド物の香水でこんな感じの商品があっても全然頷けます。勝手なイメージですが、アナスイとか似てる?

十四の印象と結びつけるのなら、やっぱり思い浮かぶのはボーカルやってる時の十四の姿ですね……。スポットライトに照らされて、危うげな魅力を放つ彼の姿にとてもしっくり来る香り

これまでお伝えしてきたキャラの中にはオフの姿が似合う香りの方が多かったような気もしますが、こっちは完全にオン。スイッチ入ってる時の。

……あ、でもここまで話してなんやねんという感じではありますが例えば休日とかにナゴヤのみんなでお出かけしてわちゃわちゃして、楽しそうな十四の姿にも当てはまってしまった……結局十四は十四なんだね……ハァ……(沼ズブズブ)。

 

いずれにしても、十四推しにはグッとくる香りに間違いないと思います。個人的にはぜひ出先につけて行きたい香りの一つでした。

 

【ナゴヤ】天国獄:程よい距離感の中に感じる大人の魅力

 

解釈一致度:★★★★★
大人の男度:★★★★★
普段使いしやすさ:★★★☆☆

 

獄さん推しの皆さん……後生だから手に入れてください……。

ちょっとと言うかだいぶ個人的なブーストかかっちゃってるんですが、そのくらい好みな香りでした。たぶんトップ3には余裕で入る。

そして法律事務所の獄さんの部屋が煙草とこの香りで満たされてるとか考えたら息できない。タスケテ

 

HYPSTERの説明に「パチュリー(ラベンダーとかローズマリーと同じシソ科のハーブ)やシプレ系(柑橘とか苔とか)の香り」とあったんですが、確かに初めて嗅いだ時はハーブの印象を強く受けました。ロク○タンに売ってるって言われてもなんとなく納得できそう。そしてややスパイシーかな。女性でも付けられないことは全然ありませんが、ちょっと辛めなファッションだとなお香りに上手くマッチするんじゃないかと思います。

 

大人っぽく、かと言って後引くしつこさや品の無さは全くなく。

大人の距離感や獄さん本人の魅力を見事に表しているなぁ(というかこれ以上に表せることとかあるのか)とものすごく感じさせられました。完全に解釈一致。

 

獄さん推しの方は一家に一本(?)。安心してお試しいただけるかと思います。

 

 

 

まとめ

今回はヒプノシスマイクのオードトワレの香りを独断と偏見でまとめてみました。

他のメンバーのオードトワレ(香り)もめちゃくちゃ気になっているので、また手に入れられ次第レビューできればと思います。

個人的には(本当に個人的ですが)言の葉党やアニメに登場したSecret Aliensの香水も欲しい、、、!!

 

今回ご紹介した内容は個人的な意見なので、「ふーんそうなのね」程度に留めていただければと思いますが……ぜひ商品を選ぶ際の参考になれば幸いです!

 

 

タイトルとURLをコピーしました