京都好き女子集まれ~!京都をもっと好きになれるおすすめ本5選!

寝ても覚めても京都。

 

日本を代表する観光地、京都。

今回は京都をもっと知ることができるオススメの書籍5冊を、

15年間ほぼ毎年京都に通い続けるつな芳がご紹介します。

読んだらきっともっと京都が好きになるはず!

 

スポンサーリンク

「KYOTO genic 写真から見つける、ステキな京都」

 

https://shop.r10s.jp/booxstore/cabinet/00781/bk4533112668.jpg

 

いいね!と思った写真から行き先を選べる新感覚ガイドブック。かわいくておしゃれでフォトジェニックな京都のモノやコトをセレクト。(出典:全国書店ネットワークe-hon

つな芳の大好きな一冊です!

写真から行きたい場所を探すという点が新しいですよね。

カフェや神社、京都を感じる景色など・・・インスタ映えする写真ばかりが掲載されています。

思わずカメラを持って写真を撮りに行きたくなってしまうこと間違いなし!

KYOTOgenic 写真から見つける、ステキな京都 (JTBのmook)

価格:907円
(2018/8/3 09:17時点)


「京都の壁」

バカの壁」がベストセラーとなった、養老孟司さんによる京都論が書かれています。

養老さんは2006年より京都国際マンガミュージアムの館長をつとめられ、現在は名誉館長となっています。

京都にどこか敷居の高さを感じてしまうのは何故なのでしょうか?

京都やそこに暮らす人々の背景を理解できると、京都への想いがもっと深まるかもしれません。

京都の壁 (京都しあわせ倶楽部) [ 養老孟司 ]

価格:918円
(2018/8/3 09:18時点)

「そうだ 京都、行こう。」の20年

http://about-kyoto.net/wp-content/uploads/2017/02/2010_spring.jpg
JR東海による「そうだ 京都、行こう。」のキャッチコピーはあまりに有名ですよね。

このキャンペーンは1993年から実施された、非常に息の長い広告です。

実はキャンペーン開始から20年を記念して、2013年に写真集が発行されているんです!

駅など掲示されるポスターに使用された写真、そしてキャッチコピーなどが見開きに掲載された、読み応えたっぷりの写真集になっています。

この景色を見に、京都に行きたくなること間違いなし!

眺めているだけで癒される一冊、ぜひ読んでいただきたいです。

「そうだ京都、行こう。」の20年 [ ウェッジ ]

価格:1,944円
(2018/8/3 09:18時点)

「江戸・幕末・維新志士ゆかりの地でいただく御朱印ハンドブック」

「江戸・幕末・維新志士ゆかりの地でいただく御朱印ハンドブック」

すっかり女子の間でカルチャーとして定着した「御朱印集め」。

自分の足で寺社を回ることで新たな発見もありますし、自分の御朱印帳に参拝の証を一つ一つ集めて行く過程はとても楽しいものです。

御朱印の本は既に沢山発行されていますが、今回オススメするこちらは

幕末に活躍した歴史上の人物に焦点を当て、ゆかりのある寺社でいただける御朱印を紹介しています。歴女の皆さんは必携ですよ!!!

京都の他にも、全国各地の寺社が掲載されていますよ◎

テーマを絞って御朱印を集めるのも、楽しいですね(^ω^)

江戸・幕末・維新志士ゆかりの地でいただく御朱印ハンドブック (タツミムック) [ 八木透 ]

価格:1,404円
(2018/8/3 09:20時点)

 

「ことりっぷMagazine」

 

 

かわいい写真と女子旅に最適なプランの提案で女性からの人気が高い旅行ガイドブック、「ことりっぷ」が発行している雑誌です。年4冊発行。

京都の特集が組まれることも多く、出来たばかりのスポットなど、最新の京都を知りたい方にはこちらがオススメです!

【新品】【本】ことりっぷMagazine Vol.17(2018Summer) 三度目の京都

価格:680円
(2018/8/3 09:20時点)

 

おわりに

いかがでしたか? 京都を知ると、旅がもっと楽しい物になるはず。

ぜひ読んでみてくださいねっ(^ω^)!