200円で楽しめる!バー『moonwalk』で推しのカクテルを楽しんでみた

おいしいもの

こんにちは。つなよし(@prnwhme)です。

 

最近オタ活を楽しまれている方々の間でちょっと話題になっているバー。皆さんご存知ですか?

 

スポンサーリンク

オタクに優しいバー!?『moon walk(ムーンウォーク)』とは?

 

今回ご紹介するのは『Bar moon walk(ムーンウォーク)』。

チェーン系列のバーで、関西や東京を中心に全国に店舗を展開しています。

 

普段お酒を嗜まれている方でも、バーと言うと「ちょっと敷居が高い、、、!」という方もいらっしゃるかもしれませんが・・・!

 

『moon walk』は、なんと

300種類以上のカクテルを、全品200円(税抜)で楽しめる
そんなバーなんです!!!
カクテル好きさんにはお分かりいただけるかと思うんですけど、カクテルって普通のレストランとかホテルで飲もうとすると、結構高い!当たり前(一つ一つ手作りだからね)!!!
そんな中リーズナブルな価格でカクテルを楽しめるのはめちゃくちゃ嬉しい。沢山種類があるカクテルも、ここのバーで色々試しておけばお気に入りの一杯もきっと見つかるはず。

 

そんなこんなでカクテルが飲み放題試し放題な『moon walk』なんですが、300種類もあるとなると、色んな味、色んなカラーのカクテルが用意されてることが分かります。
色んな『色』のカクテルが選べるんですよ・・・。オタクならついついしたくなること、分かりますね。

 

_人人人人人人人人人人人人_
> 推しのカクテルを飲む <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

 

『moon walk』のカクテル、実際に飲んでみた

 

ということでオタクの皆さんは『moon walk』に来たらぜひ推しの名前がついたカクテルとか推しの色(テーマカラー)のカクテルとかを注文してぬい撮りでもなんでもしていただきたいです。「最推しが決められない(>_<)」なんて人もなんせ一杯200円ですからね。何杯飲んでも大丈夫(お酒はほどほどに)

 

個人的な思い出話ですが、今みたいに推しカクテルやら小説『夜は短し歩けよ乙女』とのコラボやらで盛り上がる前の学生時代、『moon walk』は自分にとっては「ちょっと背伸びできる大人な場所」的なイメージでした。

通っていた大学の近くにあったので何回か足を運んでいたんですが、社会人の人や先輩と行くことが多かったせいかお店のドアを開けるのにちょっと緊張する感じ。店内も割とこぢんまりとしてるので皆肩を寄せ合って話してる感じがなんかRPGのさあ・・・酒場っぽくてさあ・・・。ここに行けば面白い噂話が聞ける的な妄想を膨らましてました。別に店内に酒樽が置いてある訳でもギター弾いてる人がいる訳でもないです。

 

参考までに今回つなよし(と一緒に行ってくれた親友)が飲んで来たカクテル、ご紹介します🍸

 

①天国と地獄

 

突然すごい名前だなという感じですが、これムーンウォークでは人気上位に入るカクテルだそうです。なけなしのカクテルの知識ですが「セブンス・ヘブン」とはまた違う種類のカクテルみたいだ。

確かに写真からも分かる通り、グラデーションの色合いが魅力的ですね。地獄なんて言うから一口飲んだら・・・とか思いそうですが、さっぱりしてて飲みやすかったです(`・ω・´)

ちなみに混ぜるととんでもない色になりました。

 

 

②グラスホッパー

 

界隈に精通してるオタク女子の方なら御存知の方、もしくは「ゲームやってた!」という方もいらっしゃるかもしれませんが(いたら教えてください)、『カクテル王子』というカクテル擬人化プロジェクト(ソシャゲ)が大好きだったんですわたし。悔しくもアプリは2018年でサービス終了になっちゃったんですが、今回いただいた「グラスホッパー」もまた、プロジェクトに登場するキャラクターの一人でした。

 

カクテル王子について、あわせて以下の記事もどうぞ☟

【随時更新】カクテル王子に登場するカクテルを飲む

 

グラスホッパーの和訳は「バッタ」。まさかの虫の名前なんですが、バッタの味がするとかそんな珍味的なアレではなく、単純に色がバッタっぽいからってだけですね。

グラスホッパーの材料はミントリキュールとカカオリキュール。さらに生クリームを混ぜるそうです。材料から想像できる通りめちゃくちゃ甘くて幸せな気持ちになれるカクテルでした。甘いカクテルが好きな方と、最推しが緑色の方!ぜひ!

 

 

 

③プリンちゃんの誘惑

 

お店でしか飲むことができない創作カクテルが多いのも、ムーンウォークの魅力です。

メニューを開いてみると目を惹く名前が付けられたカクテルがちらほら・・・。今回頼んだ「プリンちゃんの誘惑」は卵黄のリキュールやカルーアを使ったカクテルで、まさにプリン!!!なお味でした。お店が忙しくててんてこまいになってたお兄さんが「プリンちゃん!!」と言ってテーブルにデンッて置いて行ったのも可愛かった。へへ。

 

名前が気になるカクテル、他にも「暗黙」とか「サムライ」とか「酒ティーニ」とか。実際の味はぜひお店で試してみてくださいね。

 

 

まとめ。カクテルを飲みたくなったら『moon walk』へ♡

 

今回は300種類以上のカクテルが税抜200円で飲み放題のバー『moon walk』をご紹介しました。

カクテルの他にもピザやパスタなどの軽食も400円~1200円くらいのリーズナブルな価格で提供しているので、お酒と一緒に夕飯も済ませたい!という方にもオススメ。言い忘れてましたが今回利用した東京・西武新宿駅前店のムーンウォークは注文がスマホからでした。カウンターでブランデーグラスを磨いている寡黙なマスターに注文する勇気は出さなくても大丈夫です。

 

 

リクエストすれば好きな作品とかキャラクターのイメージでカクテルも作ってもらえるみたいですね! 私が実際に行った時は大繁盛で店員さん達がてんてこまいになっていたのでちょっとオーダーメイドで注文する勇気は出なかったのですが、お店が空いている時には店員さんに相談してみても良いかもしれませんね!(^^)

 

そんな『bar moon walk』。推し色のカクテルを楽しめる場所として、ぜひおすすめしたいスポットとなっています!

皆さんもぜひ訪れてみてくださいね◎