【東京観光】隅田川をのんびりお散歩!水上バスに乗って浅草まで行ってみた

おでかけ

こんにちは。つなよし(@prnwhme)です。

旅行が趣味になってからは、京都をはじめもっぱら首都圏を飛び出すことが多かったのですが、最近になって思ったことがあります。

 

つな芳
つな芳

東京も真面目に観光してみたら楽しいスポットが沢山あるのでは・・・?

 

 

元千葉県民ですが小さい頃から月に何度も訪れる場所だったので、今となっては買い物や食事、イベントとしての利用ばかりになってしまった東京。お台場観光とかスカイツリーにのぼるとか、観光っぽいことは思い返してみるとほとんど体験したことがありませんでした。

 

とは言え東京には観光スポットが沢山ありますよね。折角すぐ行ける場所に住んでるのに東京を知らないのはなんだかもったいない!!!

・・・ということで、「ベタな東京観光をあえてしてみる企画」。今回は水上バスに乗って隅田川をのんびりお散歩して来ました(^ω^)!

 

 

スポンサーリンク

オリンピックで再注目されている交通手段「水上バス」とは?

 

水上バス、皆さん乗ったことはありますか? まだ一度も乗ったことがない方でも、「川を運航してるのは見たことある!」という方もいらっしゃるかもしれません。

 

東京・隅田川(東京湾)でもいくつかの会社が水上バスを運航しており、気軽にクルージングを楽しむことができます。

会社によって異なりますが、例として東京都観光汽船(TOKYO CRUISE)の停泊所を挙げるとこんな感じ☟。

 

・浅草
・日の出桟橋(浜松町)
・豊洲
・お台場
・浜離宮(汐留)

 

東京湾の沿岸は電車でのアクセス手段が限られて来る一方で、汐留やお台場、豊洲などオフィス街が数多く形成されているエリアでもあります。普及にはまだまだ時間が掛かりそうな感じですが、2020年に開催されるオリンピックでは更なる混雑が見込まれるため水上バスを使った「船通勤」も、東京都によって提唱されていたりします。

 

 

水上バス、実際に乗ってみたよ

 

私自身旅行の移動手段として長距離フェリーとかは利用したことがあるんですが(徳島⇒東京で利用しました。過去記事もよろしくね)観光としての水上バスの利用は初めて!

前述したようにテレビで通勤手段として社会実験を行っているというニュースを見て、「乗ってみよう!」と思い立ちました。

 

浜離宮を通って発着場へ

 

今回は「浜離宮発着場」から出航している水上バスを利用しました。名前から分かる通り、浜離宮内にある発着場です。浜離宮は江戸時代に徳川家の別邸などとして利用されていた庭園でして、現在は東京都公園協会によって開放されている広大な公園です。最寄駅は都営大江戸線もしくはゆりかもめの汐留駅。

 

 

浜離宮への入場は有料(一般300円)のため、水上バスを利用する場合もお金がかかりました。とは言え浜離宮はオフィス街の中にあるとは思えないほど自然豊かなスポット!外国人観光客の方が沢山いて観光スポットとしての人気の高さが伺えましたが、あのエリアで働いてたら天気の良いお昼休みもランチを食べに行きたくなってしまうかもしれない・・・。

 

 

浜離宮発着場は、園内をまっすぐ海へ向かって歩いて行った先にあります。船はそれぞれの会社サイトからWEB予約もできるんですが、平日なら乗船の直前にチケット売り場で購入しても問題ないんじゃないかな・・・! ちなみに私は平日の15時頃の便を利用しましたが、出発の15分前あたりにチケットを購入してもスムーズに乗船できました。

 

いざ乗船

 

スタッフの方にチケットを見せて、発着場に到着した水上バスに乗船します!

今回利用したのは東京汽船さんの水上バス「リバータウン(たぶん)」。300人を乗せて動く大きな水上バスです! 2階建てになっていて1階はグループ客の方向けのテーブル席、2階は一般的なベンチシートの他にデッキのシートも用意されていました。

 

 

出発した水上バスは、まず浜松町にある日の出桟橋へと動き出します。

日の出桟橋からはなんとレインボーブリッジやフジテレビのビルが! 海からレインボーブリッジを眺められるのは、水上バスならではの特権で興奮します。ウホウホ。

 

日の出桟橋を出発すると再び浜離宮を通り(停泊はしません)、隅田川の上流へ向かって走って行きます。船内では絶えず橋の名前や見どころがアナウンスで流れており、いつまでも眺めていられます。

 

 

乗客の8~9割くらいが外国人観光客だったかなーという感じですが、撮影スポットとして人気だったのは築地市場でした。豊洲に移転してしまってからは解体工事が進んでいる築地市場ですが、船からは水揚げに使っていたかもしれない? 停泊所なども見ることができました。

 

 

浅草橋のエリアまで近付くと、神田川との合流地点も間近に見ることができます。

 

 

さらに上流、蔵前まで来るとみんなおなじみバンダイさんのビルが。小さい頃から大好きなあんなおもちゃやこんなおもちゃはここから生まれているんだな・・・(しみじみ)

 

 

浅草に到着。乗ってみた感想は・・・?

 

そんなこんなで船から見える風景に夢中になっているうちに、あっという間に目的地である浅草に到着しました。浜離宮からの所要時間は1時間ほど。電車に比べると乗船時間が長いので乗る前はちょっと不安だったんですが、いざ乗ってしまうと時間の長さを感じさせないほどにあっという間でした! 有名なアサヒビールのビルとスカイツリーを綺麗に撮れたのもうれちい。

 

 

まとめ。一人でも誰かとでも!水上バス、おすすめです◎

 

今回は東京湾を走る水上バスをご紹介しました。

初めての乗船でしたが東京の町並みを川から眺めることができて、とても新鮮でした! 楽しかった!

 

観光としての見方がまだまだ多い水上バス。他の交通手段に比べると気候による影響なども大きいですが、仮に通勤手段として利用するなら混雑による渋滞がない点は嬉しいですね。ベンチシートからは涼しい風が入って来るので、過ごしやすい季節には本当に快適に利用できると思います。ぎゅうぎゅうで暑苦しい満員電車よりは何倍も良い・・・はず・・・!

 

勿論従来の観光での利用もぜひ! 遠方から東京に来られる方だけでなく、普段生活圏として東京を利用している方でも、お出かけの際にぜひ乗船してみてはいかがでしょうか。

 

時間帯や利用するルートによって異なる景色が楽しめる水上バス。皆さんもぜひ利用してみてくださいね!(^ω^)