刀鑑賞がもっと楽しくなる!単眼鏡を使うメリットを紹介するよ

おでかけ

こんにちは。昨年から人気ゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」をきっかけに、刀鑑賞の魅力にどっぷり浸かってしまったつな芳(@prnwhme)です。

 

つな芳
つな芳

刀剣ファンの皆さん、刀の鑑賞に単眼鏡、使ってますか?

 

単眼鏡を使って刀剣鑑賞をすると、肉眼では見えない刀剣のあれやこれやが見えるようになります!!(?)

今回はそんな単眼鏡を使うメリットと、オススメの商品をご紹介したいと思います。

 

刀剣鑑賞の幅をぐっと広げるツールとして、ぜひチェックしてみてくださいね◎

 

スポンサーリンク

単眼鏡とは?

 

単眼鏡とは、「片目で覗くタイプの小型の望遠鏡」のこと。写真を見ていただければ分かりますが、双眼鏡と違ってレンズは1つしかない点がポイントです。

 

最近は刀剣界隈を中心に話題性が高まっており、美術館などでも単眼鏡を使って鑑賞を楽しむ方を多く見かけるようになりました。

 

単眼鏡を使うメリット

地鉄に刃文・・・刀剣の隅々まで見える!

刀剣鑑賞のポイントはそれぞれの刀が持つ、

  • 地鉄(じがね、刀の表面に現れる文様のこと。板目肌とか柾目肌、とか)
  • 刃文(はもん、刀を焼きいれる際に生じる模様のこと。のたれとか丁子、とか色々種類がある)

などを楽しむこと。

 

これらは非常に細かい模様のため、肉眼ではどうしても見えにくい部分もあります。

 

つな芳
つな芳

そこでオススメなのが単眼鏡!

 

単眼鏡は焦点距離が短いため、目の前にある展示をクッキリと鮮明に映し出すことが出来るのです◎

 

☝こちらは実際に単眼鏡を使って刀の表面を見てみたもの(ビクセンHPより)。刃文がクッキリと見えているのが分かると思います。

 

実際に単眼鏡を使って見てみると「おお~!!!」と感動すること間違いなしです。

 

軽量なので携帯に便利

単眼鏡はその名の通り、レンズが1つしかない望遠鏡になります。

そのため双眼鏡に比べて重さが軽めな点がポイント。

 

☝例えばこちらの商品「マルチモノキュラー 4×12(ビクセン)」は、公式HPによると重さなんと49グラム!めっちゃ軽い!!!

 

約50グラムと言うと、卵1個分くらいの重さです。これなら持ち運んでも苦にならないですね(^o^)

 

混雑していても遠くからじっくり鑑賞できる

 

美術館が混雑しており、離れた場所からでしたが単眼鏡で展示を楽しむことができました!

 

Amazonレビューより

 

人気のある刀剣展などは、混雑で展示物からの距離が遠くなってしまうケースもありますよね。

 

そんな時単眼鏡があると、遠くからでもまるで目の前に展示があるかのように鑑賞することができる点がポイント!

 

※単眼鏡を使用する際は、鑑賞に夢中になるあまり周りの方の迷惑にならないように気をつけましょう◎

 

他の美術品や舞台・ミュージカルなどの鑑賞に使える

単眼鏡を1つ持っておけば刀剣鑑賞に限らず、他の用途にも活用することができます。

 

今回はAmazonのレビューを参考に、実際にあらゆるシーンで単眼鏡を使用されている方の用途を調べてみました☟

 

  • 絵画など、他の美術品の鑑賞
  • 舞台やミュージカルの鑑賞
  • 水族館で小さな魚を眺める
  • お寺などの高い建築物の装飾を見る
  • 登山で遠くの景色を眺める   などなど・・・

 

単眼鏡はあくまで至近距離のものを映す用途で作られているので「遠くのものを見る」点においては双眼鏡より劣ります。

ですがとにかく軽量であることや気軽にピントを合わせやすいことなどから、ちょっと遠くを見る点においては問題なく使用できますよ!◎

 

単眼鏡のオススメ商品は?

単眼鏡はあらゆるメーカーから販売されていますが、特にオススメしたいのは「ビクセン」から販売されている「マルチモノキュラー 4×12(4倍)」

 

ビクセン(Vixen)は埼玉にある日本の光学機器メーカーです。天体望遠鏡で有名な企業で、品質に関しては十分信頼できるメーカーと言えます◎

 

 

「マルチモノキュラー 4×12(4倍)」メーカーからも美術鑑賞に適した商品としてオススメされている商品。

目の前の景色を4倍率で映すため、手ブレを起こしにくく、かつ適度な範囲を見渡すことができます。専用ケースも付いていて持ち運びも安心!

メガネをかけたままでも使える商品です◎

 

 

 

展示物との間をさえぎるガラスケースの光の反射を防ぐフィルターが付いた、美術観賞用セットも販売されています!美術館に足を運ぶ頻度の多い方はこちらがオススメ◎

 

 

 

 

別色ではレッド(赤)ブルー(青)の2色が販売されています。オシャレに鑑賞を楽しみたい方はコチラ。

 

 

 

おわりに。単眼鏡で刀剣鑑賞をもっと楽しく♪

単眼鏡、こんな方にオススメです!☟

  • 刀鑑賞が好き(展示があると美術館に足を運ぶ)
  • 刀剣だけでなく、他の美術品を見るのも好き
  • 持っている双眼鏡が重くてもっと軽いものを探している
  • (他の人が使っているのを実際に見たことなどから)単眼鏡が何となく気になっている

 

刀剣は文化財であることからなかなかお目に掛かれないものも多く、せっかく足を運ぶなら近くでじっくり鑑賞したいもの。

 

皆さんの刀剣鑑賞をもっと盛り上げるツールとして、ぜひ「単眼鏡」を使ってみてくださいね(^o^)持っていて損はない商品です!♪